トップ > ニュース > トランプ氏が中国を挑発。台湾総統への電話会談に習近平がイライラ
なぜノアコインなのか?
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


トランプ氏が中国を挑発。台湾総統への電話会談に習近平がイライラ

2016年12月07日(水) ニュース

shutterstock_518271628

先日、異例の電話会談を行ったとされるアメリカのトランプ次期大統領と台湾の蔡英文総統。これに対し、あくまで「台湾は中国の一部」と主張する中国政府は激怒、米国サイドに猛抗議したと伝えられています。しかし、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、それでもトランプ氏は自らの姿勢は変えないだろうとの見方を示しています。

なぜトランプと台湾総統の電話会談で、習近平が憤怒するの???

トランプさんが、中国を、激しく挑発しています。なんと台湾総統と電話会談した。

<トランプ氏・蔡氏>米中関係の緊張必至…断交後初の協議

毎日新聞12/3(土)22:28配信

 

【ワシントン会川晴之、台北・鈴木玲子、北京・石原聖】トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文総統と電話協議し、安全保障などの「緊密な結びつき」を確認した。政権移行チームが発表した。

それにしても、トランプさんと蔡英文総統が電話で話すとなぜ中国は激怒するのでしょうか?

中国は台湾を主権国家とは認めておらず、台湾を中国の一部と主張する「一つの中国」原則の順守を米国に求めてきた。トランプ氏が台湾独立志向の強い民進党の蔡氏と安全保障問題を協議したことで米中関係の緊張は必至だ。

 

米メディアによると、就任前を含めて米大統領が台湾総統と電話で協議したことが公になったのは、米台が国交を断絶した1979年以降では初めて。
(同上)

アメリカ大統領が台湾総統と電話で協議したのは、国交が断絶した1979年以降初めて!37年ぶりということで、トランプさんの行動は、「革命的」だったことがわかります。

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。