トップ > ニュース > 中国はなぜ執拗に「南シナ海」を狙うのか? 識者が見た中国の弱点
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??
「暗号通貨」時代の到来


中国はなぜ執拗に「南シナ海」を狙うのか? 識者が見た中国の弱点

2017年11月01日(水) ニュース

kitano20171031

前回掲載の「中国の罠にハマらぬよう、日本が意識すべき「米中との距離感」」では、日本が米中と今後どのように距離をとっていくべきかということについて詳しく解説してくださった無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係研究者の北野幸伯さん。今回は、中国の弱点を分析しながら、日本が真面目に考えるべき「対中戦略」を考察するとともに、中国が南シナ海を狙う理由についても記しています。

南の対中戦略、北の対中戦略

わが国日本は、「平和を希求」しています。しかし、すべての国が平和を希求しているわけではありません。わかりやすいのは、隣の超大国中国です。この国は、ロシアと韓国に、「反日統一共同戦線をつくって日本をぶちのめそう!」と提案しています。必読絶対証拠はこちら。

反日統一共同戦線を呼びかける中国

仕方ないので、日本も対策を講じる必要がある。今回は、「南の対中戦略」「北の対中戦略」を完璧に理解しましょう。

中国の弱点

中国は、強力な国です。GDPでも軍事費でも世界2位。しかし、弱点もあります。この国は、石油を中東から入れているのです。で、中東から中国にいたる海路は、アメリカに支配されている。

米中対立が激化したとしましょう。すると、アメリカは中国に石油が入らないようにすることができる。そうなると、中国は、「ABCD包囲網」にやられた日本と同じ状態になります。

中東と中国のど真ん中に、大国インドが位置していますね。それで、日本やアメリカが中国に勝とうと思えば、インドとの関係がとても重要。インドと結んで中東→中国の原油の流れをカットできる状態をつくっておくこと。これが、「南の対中戦略」になります。

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。