トップ > ニュース > 超「子ども好き」な台湾人に助けられた日本人の話にホッコリする
「暗号通貨」時代の到来
夢の暗号通貨シティ NOAHシティ


超「子ども好き」な台湾人に助けられた日本人の話にホッコリする

2017年11月08日(水) ニュース

台湾 子育て 親日

世界で一番「親日」の島国・台湾に2015年まで住んでいた日本人「小 籠包(しょう・ろんぽう)」さんが発行する無料メルマガ『〜台湾大好き!メルマガ〜 レレレの台湾』。最新号では、台北市内で1年ほど子育てを経験した際に、台湾の人々から受けた「子どもへの愛」と「優しさ」について、読むだけで心が温まるほっこりエピソードを紹介しています。

超がつくほど「子ども好き」な台湾の人々に助けられた話

里帰り出産した妻と、生後2ヶ月の長男を台湾の自宅まで連れてきて、台湾・台北市内の東端エリア(南港区)で子育てを始めました。

時には粉ミルクの品不足に泣き、時には哺乳室(ベビールームの少なさと設備の悪さに泣き、毎日が苦労の連続でした。ああ、日本で子育てをしていれば。。。

台湾のスーパーにある粉ミルク売り場。値段は高く種類も少ない

台湾のスーパーにある粉ミルク売り場。ほぼ輸入品なので値段は高い

そんな気持ちが頭をよぎることもありましたが、それを吹き飛ばすかのような、台湾の人々の優しさ」に触れ、私たち夫婦はそのことによって何度も救われました

台湾は、老若男女すべての世代、「赤ちゃん」や「子どもが大好きなお土地柄です。

これは、子どもたちを社会全体で一緒に育てていこうという習慣が根付いているからだそうで、台湾に生活していると、そのことを肌身で感じる経験がいくつもありました。

例えば以前、妻が妊婦だった時にも書きました通り、電車の中に妊婦(お腹が大きい人限定)、子ども連れの親、抱っこ紐で赤ちゃんを抱えた人が乗ってくると、100%の確率で席を譲られます

はい、100%です。絶対に譲られます。たぬき寝入りする人もいなければ、無視する人もいません。

誰かしら譲ってくれますし、場合によっては立っている人が子連れの親に気付かず座っている人へ声をかけ立たせることはいつも見られる光景です。もちろん、文句をいう人なんていませんでした。

1507441_761837820497623_737912985_o copy

台北捷運(MRT)のキャンペーンCM「我是捷客,關懷禮讓、便捷幸福」。妊婦に席を譲る若者

そして、さらにすごいのは、子どもをあやす確率。これは男だろうと、女だろうと、さらにお年寄りだろうと大学生だろうと中学生だろうと関係なく、見ず知らずの子どもをあやす(面白い顔をする)ことが多いのです。

日本だと、男子学生が電車やバスで見かけた赤ちゃんにベロベロバーをする確率は低いと思いますが、台湾ではこれがしょっちゅうありました。子どもに話しかけてくるおじさん、遠い席から子どもに変顔するお兄さん、泣き止まない息子をあやすおばさん、手を振ってくる若いお姉さん、台湾人の子ども好きは想像以上でした。

だから、電車やバスの中で子どもが大声で泣き出しても、嫌な顔をする人はいません。みんなで必死にあやしてくれたり、あやさないまでも鳴き声が聞こえていないかのように普通にしている人ばかりです。

これはベビーカーの利用についても同様でした。MRTをしょっちゅう使っていた我々は、混んでいる時間帯に乗ったとき、乗客はスペースをすぐに空けてくれ、さらに親が座る用の席も譲ってくれました。これがほとんど毎回なんです。

日本の山手線や埼京線のようなラッシュがないということもありますが、とはいえ、土日のMRT板南線は忠孝復興駅から帰る際、例え激混みでも席は譲ってもらえました。もちろん、謝謝(シェーシェ)というお礼の言葉は毎回忘れずに言いましたよ。

そんな子ども大好き台湾で、息子を生後2ヶ月から1歳3ヶ月まで育てましたが、とても助かりました。。。

うちの息子に近い将来、お前は私たちと台湾の優しい人々によって育てられたんだよ、と言ってやりたいと思います。だって、本当のことですから。

台湾の子育て体験は、他にも色々なエピソードがありましたが、それはまた次号以降で書きたいと思います。(つづく)

MAG2 NEWS

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。