トップ > ニュース > トランプが鎖国すれば、世界で「人民元」が大暴れする
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
数百年に一度のチャンスを見逃すな!


トランプが鎖国すれば、世界で「人民元」が大暴れする

2016年12月13日(火) ニュース

shutterstock_196597025

トランプ次期大統領の周辺人事が明らかになりつつありますが、選挙戦の最中から「引きこもり」と揶揄された自国第一主義の方針は貫かれるようです。この姿勢が「ドル基軸通貨制度の崩壊を招く」とするのは、メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さん。そしてその「覇権」を狙う中国と米国の間で戦争を含む激しいつばぜり合いが起こり、日本も無縁ではいられないとの私見を記しています。

ドル基軸通貨制度崩壊か?

トランプ政権での反中親露保護主義移民政策などが政権人事でも明らかに実施の方向であることが分かる。ということは自由貿易をしないために、他国はドルでの外貨準備を止めることになる。すなわち、ドル基軸通貨の崩壊である。これを検討しよう。

国務長官人事

トランプ政権の国務長官はエクソンモービル会長の親露派ティラソン氏になり、副長官にネオコン反中派のジョン・ボルトン氏という布陣のようである。

ということは、安倍首相が目指していた中国包囲網の完成である。安倍首相のプーチン東京会談を不服とするオバマ政権は反露親中派政権であったが、反対にトランプ政権は、親露反中政権である。ロシアと協定を結び、中国の拡張主義に反対する立場を米国の次期政権は明確化することになる。

ディプロマット誌の記者パンダ氏も、反中親露政権になると言っている。

この米国の次期政権の方針を見て、比ドウテルテ大統領も米国との同盟関係を維持方向にシフトしている。

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。