トップ > ニュース > 「サンタっているの?」という難問に、現役教師はどう答えるのか
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


「サンタっているの?」という難問に、現役教師はどう答えるのか

2016年12月13日(火) ニュース

shutterstock_319521590

大人なら誰もが一度は子供からぶつけられたことがあろう「サンタクロースって本当にいるの?」という難問。慌てておかしなことを答えてさらに突っ込まれる、なんていう墓穴を掘ってしまった経験がある方も少なくないのでは? 今回の『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では、著者で現役小学校教諭の松尾英明さんが、この質問に対するシンプルかつ子供も納得できる答え方を教えてくださいました。

「サンタクロースはいるの?」に対する切り返し

私はずっと決まっていて、「え!? いないと思ってるの?」である。さらに「いると言っている人にはいていないと言っている人にはいないだろうね」と続く。これだと、いる派、いない派、どちらの考えも否定していない。

ただ「いる」と「いない」では、どちらが素敵か。私は「いる」の方だと考える。感情的な話ではなく、論理的に考えても、「いる」。

子どもに対しては、先の回答で基本的に終わりである。「でも、うちのお父さんが…」と追撃してくる場合、きちんと答える。

「サンタクロースだって、全ての子どもには届けられない。そうすると、優先順位がある。自分だったら、どんな子どもから回ってあげる?」

子どもは「貧しい子ども」「普段からプレゼントとかをもらえない子ども」等を挙げる。

「自分は、当てはまってる?」

「う~ん、当てはまらない。」

「そう考えると、豊かな家は後回しなのかもね。お家の人がたくさんプレゼントをくれるからね。その分、他の子どもを幸せにしてくれてるよ。色々してくれるお家の人に感謝しないとね。よかったね」

大体、こんな感じである。つまり、大人にサンタが来ないのは、至極当然である。ヒナ鳥のように口開けて待ってないで、自力で何とかせいということである。白馬の王子様も同様で、欲しいなら王宮に自ら攻め込んで、磨き上げた自分の魅力をアピールするのが大人のやり方である。また話が逸れた。

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。