トップ > ニュース > コンビニで、いつも同じ「おばさん」がレジをしている悲しいワケ
数百年に一度のチャンスを見逃すな!
数百年に一度のチャンスを見逃すな!


コンビニで、いつも同じ「おばさん」がレジをしている悲しいワケ

2016年12月19日(月) ニュース

shutterstock_187640336

コンビニ業界に詳しいライターの日比谷新太さんが、業界の裏事情を包み隠さず語る当シリーズ。前回の深夜作業の話題に続く今回は、コンビニ経営の過酷な実態をレポートする「経営者はつらいよ」シリーズの第一回目をお届けします。経費を1円でも抑えたいFC加盟店主たち。彼らがやむなく行っているという“奥の手”とは、一体なんでしょうか?

家族総出でのコンビニ経営

皆さんが日ごろ何気なく利用しているコンビニですが、それらの経営形態は多くがフランチャイズ・チェーン方式(FC方式)をとっており、その多くが個人によって経営されています。

コンビニ経営はFC本部と加盟店が一体となって行います。加盟店はFC本部から、店舗運営に必要なレジや冷蔵庫、情報システムなどを借り、効率的な経営や売上の最大化に向けたチャンスロスの撲滅を図ります。

加盟店主は、これらの高度なシステム・設備を利用して経営を行ういっぽうで、これらのリース(レンタル)料金として、FC本部に「本部チャージ」を支払う義務を負っています。契約形態により利率は異なりますが、おおよそ商品販売によって稼ぎ出した利益の30%~45%ぐらい。売上に占める比率としましては、約10%程度でしょうか。

簡単にP/Lをイメージしてみますと、例えば1000万円の売上があり、粗利が300万円出たとすれば、そのうち90万円を「本部チャージ」としてFC本部が持っていき、経営者が手にする利益総額は210万円となります。加盟店はこの利益総額から、アルバイトの人件費、商品廃棄ロスの負担、電気光熱費などの諸経費を支出していくことになります。

これらの諸経費の中で、もっとも大きなウエイトを占めるのがアルバイトの人件費です。経営者はそれを削減するため、自分やその家族が店に立つ時間を増やしていくわけです。

経営者夫婦でシフトに入る場合、もっとも典型的なのが「午前中~午後:経営者の奥さん、夜~深夜:経営者」というパターンです。この場合、夫婦が一緒になれる時間は夕食時間帯のみとなります。また、お子さんが高校生ぐらいになると、夕方のシフトにお子さんが入るケースもあります。まさに一家総出でコンビニ経営をしているのです。

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。